cybozu チームワークを教える活動

研修プログラム

本プログラムは、「チームワークあふれる社会を創る」ためにサイボウズが考案し、社内研修としても行っているプログラムです。これらのコンテンツを企業、非営利組織など、すべての「チーム」へ提供しています。

  • サービス概要
    チームワークに必要な、他者と協働するコミュニケーション能力、目標設定力、問題解決力、論理的思考力を養うことを目的としています。
  • 対象者・時間
    企業、非営利組織/1時間~6時間 (実施プログラムに応じる)

サイボウズ基本メソッドプログラム

  • チームワーク創造メソッド
    自分とチームメンバーの強みと弱みを共有してチームワークに必要な「役割分担」について考えるプログラムです。
  • モチベーション創造メソッド
    「やりたいこと」「できること」「やるべきこと」と、「モチベーション」との関係を構造的に理解し、チームワークに必要な目標設定力を身につけるプログラムです。
  • 問題解決メソッド
    「問題解決」に必要なフレームワークを学び、論理的思考力、事実を正確に理解する力、正確にコミュニケーションを行う力などを身につけるプログラムです。
資料ダウンロード

参加者の声

普段メンバーの強み・弱みに焦点をあて共有化することが少なく、 どちらかというと、マネジメント層から上意下達での認識のみが正当化されがち。 個々の人となりを互いに認識し合い、高めあう場づくりを、チーム活動の入口で必ずやるべきと感じた。(メーカー)

「コミュニケーション不足」と聞くと、「量」に目が行きがちだが、「質」を上げる重要性を知った。問題と課題を混同している人が多いと思っていたが、大切なのは、共通認識を持つことと分かった。共通言語という形で明文化するアイデアはすぐに使えそう。(メーカー)

どの現場でも簡単にできるスキームでしたので、早速、支援する現場で実施をサポートしていきたいと思います。チームワークを発揮するために必要なこと、そのポイントが理解できた。効果や効率だけでなく、チームメンバーの満足や学習も必要な要素であることが印象的でした。(大手保険会社)

現在抱えている問題に向き合うためのメソッドを学ぶことができた。今後の課題解決や交渉案を作成するのに有用だと感じた。日々混同して使っている言葉が多く、混同しているから議論が噛み合わず、会議に時間がかかることが分かった。(マスコミ)


研修実績一覧

研修実施企業の一部をご紹介いたします。この他、多くの企業、非営利組織様よりご依頼をいただいております。

企業

非営利組織

    • ・宇治市立広野中学校
    • ・学校法人シモゾノ学園 国際動物専門学校
    • ・神奈川県立綾瀬西高校
    • ・東京都教育委員会