サイボウズの企業研修プログラム

BLOG

  • TOP
  • ブログ
  • 働く意欲のカギは、やはり職場でのコミュニケーション──仕事の悩みを話す相手、女性に比べ男性は限られる 男性の3割は「特にいない」

働く意欲のカギは、やはり職場でのコミュニケーション──仕事の悩みを話す相手、女性に比べ男性は限られる 男性の3割は「特にいない」

今年4月の法改正により、企業へ70歳まで就労機会確保への努力義務が生じました。サイボウズ チームワーク総研では、55歳以上のシニア社員約3000人を対象に「職場との関わり」についての意識調査を行いました。

《 調査概要 》

◆調査目的:シニア世代の「組織に関わる就労意識」を探り、今後の就業者高齢化を見据えた、組織内協業のあり方の参考とする。

◆調査対象:企業などの雇用者 3093名(正規職員・従業員、派遣社員、契約社員、嘱託)※役員、パートアルバイトは含まない
  *年齢  :55-64歳
  *エリア :全国
  *割付条件:就業実態に寄せるため、男女/年代/勤務先の従業員規模で割付

   - 総務省統計局「平成29年就業構造基本調査」「平成26年経済センサス-基礎調査」参照

◆調査期間:2021年6月4日(金)~6月7日(月)
◆調査方法:パネルを活用したインターネット調査


《 調査結果のサマリ 》


70歳までの就労機会拡大や65歳定年といった「就業年齢の上昇」に対し、7割が歓迎

21年4月、改正高年齢者雇用安定法の施行により「70歳までの就業確保」が事業主の努力義務となりました。2025年には「65歳への定年引上げ」が全企業へ適応される見込みです。そのような中「就業年齢の上昇」について意識をきいたところ、「歓迎する」が7割となりました【図表1】。

【図表1】就業年齢の上昇.png

理由を自由回答できいたところ、「歓迎する」と回答した人では「収入の確保」「年金などの生活不安」が大きな理由としてあがりました。また「社会とのつながりや貢献」「元気だから働ける」「良い選択肢やチャンスの増加」といった声もあがりました【図表2】【図表3】。

【図表2】歓迎理由.png


【図表3】歓迎コメント.png

一方、「歓迎しない」と回答した人では「体力的な厳しさ」「早く退職/リタイアしたい」「年金支給年齢を遅らせるためのものだから」「人生をゆっくり楽しみたい」、また、高齢者が働き続けることで「若い人の雇用・成長への影響」を懸念する声もありました【図表4】【図表5】。

【図表4】歓迎しない理由.png


【図表5】歓迎しない理由.png

66歳以降も働きたい人は、55-60歳層/61-64歳層それぞれ4割ほど

「何歳まで働きたいか」について、55-60歳の方々・61-64歳の方々それぞれにききました。両層とも「61-65歳まで」が多いものの、「66歳以上」も4割ほどとなりました【図表6】。

※55-60歳の方は、「60歳以下」「61-65歳」「66歳以上」3つの選択肢から回答
※61-64歳の方は、「61-65歳」「66歳以上」2つの選択肢から回答

【図表6】何歳まで働きたいですか.png

辞めてもよいと思える早期退職割増金額、「501万円~1000万円」16%

様々な企業で早期退職の制度がみられるなか、早期退職の割り増し分がいくらであれば辞めてもよいかを聞いたところ、「501万円~1000万円」16%、「1001万円~1500万円」13%でした。一方で「お金では辞めない」とした人が約2割おり、最も多い割合となりました【図表7】。

※退職金全体ではなく「割り増し金額のみ」について回答

【図表7】早期退職金額_.png

職場でコミュニケーションが取れている人は、職場との関係性がポジティブ

働きたい年齢ごとに、職場とのコミュニケーション実感の有無をみました。55-60歳層/61-64歳層ともに、長く働きたいと思う人ほど、職場でのコミュニケーションがとれている実感も高くなっています【図表8】。

【図表8】働きたい年齢と、コミュニケーション実感_n修正済.png

また、職場とご自身との関係性について、職場でコミュニケーションがとれている実感がある人/ない人で傾向を見ました。「職場で役に立っている実感」「職場になじんでいる実感」「経験や知見がいかせている実感」いずれの質問でも、「コミュニケーションがとれている実感がある」人の方が多くなりました。そして、「職場で自分の役割が明確だという実感」「職場全体の使命(果たすべきこと)への共感」といった、職場のチームワークに影響する項目においても、「コミュニケーションがとれている実感がある」人の方が多くなっています。「業務効率を高めたい」でも差がみられ、働く意欲への影響もありそうです。

円滑なコミュニケーションが、シニア層の働く意欲や、職場のチームワークに対して良い影響をおよぼしている様子がうかがえます。【図表9】。

【図表9】コミュニケーションの有無と、職場との関係性.png

職場での雑談時間「10分~30分未満」4割

職場での雑談(業務には直接関わらないコミュニケーション)の時間数をききました。「10-30分未満」が4割で最多となり、雑談をしていない人は6%に留まりました【図表10】。

※過去1週間の勤務日について、1日あたりの平均時間を回答
※対面だけではなく、E-mail(メール)・電話・グループウェア・チャット・web会議ツールの使用も含む

【図表10】職場での雑談時間.png

仕事の悩みを話す相手、女性に比べ男性は限られる。男性の3割は「特にいない」

「仕事の悩み・モヤモヤを、話したり相談したりする相手」を複数回答できいたところ、男女で傾向に差がみられました。男女とも「同じ部署の同期/同僚」が最多ですが、男性の25.9%に対し女性は39.6%でした。「家族」「社外の友人知人」でも、女性の方が高くなっています。逆に「特にいない」とした人は男性で3割を超え、女性は2割を切る結果となりました【図表11】。

【図表11】仕事の悩み・モヤモヤを、話したり相談したりする相手.png

まとめ

今回の調査から、就業機会の上昇について「歓迎する」との声が7割、「66歳以降も働きたい」人は約4割となりました。シニアワーカーの方々が、年金などの生活不安を背景にしながらも、長く働くことを受け入れていることがわかりました。

そして、長く働きたい人ほど、「現在の職場でコミュニケーションをとれている実感がある」とする人が多いことが分かりました。「コミュニケーションがとれている実感がある」人の方が職場との関係性をポジティブにとらえており、シニア層の働く意欲や、シニア層を交えた職場のチームワークには、円滑なコミュニケーションが欠かせないことがうかがえます。

「職場での雑談」は、ほとんどの人がしている結果となりました。ただ、「仕事の悩み・モヤモヤの話し相手相談相手」では男女差があり、男性の場合は女性に比べ、相手が限られたり、特にいないとする人が多かったりするようです。

定年延長などにより、今後数年で職場には今以上にシニアの方々が増え、それ以外の年齢層とともにチームとなる機会が増えるものと思われます。日々変わりゆくビジネス環境のなかで、世代による価値観やスキルのギャップが顕在化する可能性もあるでしょう。どちらかが負担を強いられる関係性ではなく、チーム全体をプラスに導くポイントとして、適切なコミュニケーションとはなにかを模索することが重要だと考えます。

サイボウズ チームワーク総研では、ダイバーシティの浸透、多様性の中でのコミュニケーションの在り方など、 個人の幸福度とチームの生産性の両方を高めるための多数の研修プログラムを用意しています。今後もチームやチームワークを考える調査の一環として、様々な調査を行い発信してまいります。


※引用について
本調査を引用いただく際は出所の明示をお願いいたします。
例)サイボウズチームワーク総研「シニア社員の職場との関わり」についての意識調査


【関連記事】

著者プロフィール

三宅 雪子

時短&在宅ワークを織り交ぜて働く、チームワーク総研 アナリスト。様々な働き方のメンバー同士がどうしたら良いチームワークを築けるのか?日々トライ中。