サイボウズの企業研修プログラム

BLOG

  • TOP
  • ブログ
  • チームワークで大切なのはお互いを知ること――「わがままカード」で創る価値観の共有

チームワークで大切なのはお互いを知ること――「わがままカード」で創る価値観の共有

wagamama_3 (2).JPG

皆さんは、職場のメンバーが、普段どのようなことを大事にして仕事をしているのかを気にしたことはありますか?売上や目標達成など職務上のミッションではなく、もっとパーソナルな心の内の話です。

全体的に何となく仲は良くても、働く上で大事にしている価値観をお互いに話したことがあるという方は、案外少ないのではないでしょうか。聞いてみたい話してみたいと思っていても、面と向かって話すには少々気恥ずかしいテーマかもしれませんね。

チームワーク総研に「わがままカード」というゲーム感覚でできるワークカードがあります。一人ひとりの「こんな風に働きたい」という価値観を可視化し、チームメンバーで共有するカードです。今回は、この「わがままカード」をご紹介します。「働く価値観を共有すると、チームワークに良さそうだ」そんなことを感じていただけると嬉しいです。

一人ひとりの働く価値観をチームで共有する「わがままカード」

wagamama_2 (2).jpg

「わがままカード」とは

  • 働く上で大切にしたいわがまま(本音の価値観)の共有」をテーマにしたワークカードです。
  • 1枚につきひとつの価値観が書かれた96枚のカードから、自分の価値観を探ります。
  • 手札は5枚。山札から1枚取り、自分の価値観から最も遠いカードを1枚捨てます。捨てる時は理由を添え、参加者に見えるようにオープンに置きます。
  • 5巡繰り返したら、残った手札をオープンにします。参加者と共有することで、お互いの価値観を認識します。

実際にどのように使うのか、サイボウズOfficeのプロモーションチームと一緒にご紹介します。本部長の林田さん、マネジャー和泉さん、5か月前に中途入社した丸山さん、新卒2年目山田さんの4名が参加します。

普段見えている面は、本人が大切にしたい面とイコールではなかった

丸山さんと山田さんは、普段マネジャーの和泉さんと一緒に働いています。しかし本部長の林田さんとはそんなに深く話したことはないそうです。「他の人の思わぬ価値観が見えるかも」「ガツガツ系〇〇さんの大事なところを知りたい(笑)」「意外と違っていたりして?」いろいろな予想の中で、ワイワイと始まりました。

順番に、山札から1枚取り、手札から1枚捨てます。捨てる時に「なぜ捨てるのか」理由を添えるルールです。一人ひとりが吟味してカードを捨てるたびに、参加者から反応や声が上がりました。

  • 「戦略性、捨てます...捨てちゃって大丈夫ですか?(笑)」
  • 「お金捨てた!」
     他参加者「捨ててみたい!(笑)」
  • 「安定は...もういいかな」
     他参加者「人生のタイミングにもよりそうだね」
  • 「忍耐力も厳しさも捨てた」
     他参加者「捨てた方のイメージしかないよー(笑)」
  • 「ポジティブ、捨てる」
     他参加者「意外!」「そうか、人から見えている面と、本人が大事にしたいこととは、違うのかもしれないね」

さらに4巡目5巡目になるとこんな声が聞こえ出しました。

  • 「どれを捨てるかだんだん辛くなってきた」
  • 「自分が大切にしていること...どっちが大切だったっけ? 悩ましいな...」

96枚の中からランダムに手にする10枚ほどのカードですが、回が進むにつれ、各自の今の働く価値観が絞られていくようです。

yamada-san.png

5巡目が終わり、残った手札=その人の今の価値観をオープンしました。「おお~~」「あー、なるほどね」並んだカードをじっくり見合った後に、一人ひとりが理由を話しました。

  • 実際の手札です。このように、各自各様の結果となります。

Office team_7.png

一人ひとりの働く価値観について、参加者全員で対話をしました。本人がなぜその価値観を大切にしているのか、どのように働きたいと思っているのかが、共有されました。「協調するだけが仕事のやり方じゃない。山田さんは競うことで自分を成長させたいんだね」マネジャーの和泉さんは、2年目の山田さんのマネジメントに気づきを得たようです。

ゲーム感覚だから、素直になれた

「これ、ゲーム感覚だからやりやすいですよね。自分が変に固まらないし、素直になれる」そんな声もあがりました。「働く上で大事にしている価値観」、正直カタめなテーマです。しかしこのようなカードワークですと、よりカジュアルに知り合うことができるかもしれません。

参考までに今回の所要時間は、参加者4人で約15分でした。今回のように働く日常にサクッと取り入れることもできますし、時間をかけてじっくり話し合うこともできそうです。

まとめ

メンバーの働く価値観を互いに知り、尊重することは、意見を言いやすい環境や仕事の効果的な進め方を生むのに役立ちます。働く価値観は、その人自身の成長や、チーム環境の変化等により変わるもの。一度で終わりではなく、時々実施することでまた違った発見がありそうです。

入社や異動など、メンバーが変わるタイミングでの実施も良いかもしれません。皆さんでワイワイと気軽に楽しめると良いですね。

「わがままカード」は、サイボウズ商店 でお買い求めいただけます。


【関連記事】

「多様な個性を活かす」組織をつくる、若手向けキャリア研修ーーJR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)様

著者プロフィール

三宅 雪子

時短&在宅ワークを織り交ぜて働く、チームワーク総研 アナリスト。様々な働き方のメンバー同士がどうしたら良いチームワークを築けるのか?日々トライ中。