サイボウズの企業研修プログラム

NEWS

  • TOP
  • お知らせ
  • チームワーク総研メールマガジン!21/8/12配信号

チームワーク総研メールマガジン!21/8/12配信号

サイボウズチームワーク総研では、メールマガジンを発行しています。
\\ お申込みはこちら//

::::::::::::::::::::

こんにちは。サイボウズチームワーク総研の新島です。
現在、1年越しの東京オリンピック・パラリンピックが開催されています。コロナ禍のため開催前には様々な議論がありましたが、今みなさんはどのように受け止めていますでしょうか。
私は、back numberの「水平線」という曲にある"正しさを別の正しさで無くす悲しみにも出会うけれど"という歌詞が非常に好きです。今、主張している自分が思う正しさは、もしかすると誰かの正しさに反するものであったり、誰かを傷つけてしまうものであるのかもしれません。
コロナウイルスの感染拡大という、予想だにしていない状況の中で私たちに必要なのは、互いの正しさを押し付け合うのではなく、互いの持つ"正しさ"の背景にある想いに目を向け、一人ひとりを認め合いながら最善策を探していくこと、そんな風に感じます。ぜひ、自社の組織内・チーム内でも、互いの思う正しさや個性を認め合う場づくりを行ってみてはいかがでしょう。それでは今月のメルマガをご覧ください。
新島 泰久也 プロフィール


::::::::::::::::::::

◆テレワークでも「ギスギスしない」テキストコミュニケーション
テレワークやオンラインのコミュニケーションでは、テキストの利用頻度が、ぐんと上がります。しかしテキストでのコミュニケーションは伝わりにくい...そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか。
実は、テキストコミュニケーションが伝わりにくいことには、理由があります。また、そもそもの性質というものもあります。この記事では、そうしたことをふまえることで、ともすると難しく、また面倒に感じられるテキストコミュニケーションを、より円滑にするための方法を考察しました。読んですぐに応用できる簡単な内容です。ぜひご覧ください。


◆「オンラインだから伝わらない」ではなく、課題が明確になっただけ──『具体と抽象』細谷功さんに聞く、会話のコツ
*こちらは「サイボウズ式」掲載記事です*
「オンラインではうまく意思疎通が図れない」「テレワークで相手とのすれ違いを感じるようになった」そんな問題意識を持つ人が増えています。コロナ禍によって働き方が大きく変化したこの1年あまり、組織におけるコミュニケーションのあり方がさまざまな場所で議論されてきました。
ところで、なぜわたしたちは意思疎通の難しさや他者とのすれ違いを感じてしまうのでしょうか? これらは本当に、オンラインの環境が原因なのでしょうか?
「本当の問題は『問題がないと思い込んでいたオフライン』にある」
こう語るのは『具体と抽象』『アナロジー思考』の著者 細谷功さん。ビジネスコンサルタントとして、多様な背景を持つメンバーが集まるプロジェクトに携わってきた細谷さんは、仕事において「共通の型」を持つことの必要性を感じてきたと言います。すれ違いの理由を認識し、他者とのコミュニケーションを深めるための実践知を聞きました。


◆📣研修説明会📣我流のオンラインマネジメントからのアップデートを支援「オンラインマネジメント研修」について
*本説明会および研修は、スコラ・コンサルトとの共同開催です*
職場のオンライン化により、マネジメントの役割についても再構築が求められています。今後は、完全なテレワークだけではなく、リアルとリモートが混在するハイブリッドな形で組織を継続させる企業も多くなることでしょう。「チームメンバーが一堂に会さない」なかでは、マネジメントに求められるスキルには何があるのでしょうか?
お昼休みの時間帯に開催します。昼食をとりながら耳だけでも、ぜひお気軽にご参加ください。
■日付:2021年8月23日(月)
■時間:12:05-12:50
■参加方法:オンライン
■参加費:無料


◆ オンラインセミナー近日開催情報
サイボウズチームワーク総研では、随時オンラインセミナーを開催しています。
職場の方とご一緒に、ぜひご参加ください。



◆ダウンロード資料情報
組織やチームづくりに役立つ情報、サイボウズチームワーク総研のサービス説明資料などをご覧いただけます。ぜひお役立てください。

───────────────────────────────
発行:サイボウズ株式会社 https://cybozu.co.jp/
東京都中央区日本橋 2-7-1 東京日本橋タワー 27F
Copyright (C) 2021 Cybozu
掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
───────────────────────────────